USE SCENERFID利用シーン

【医療分野】RFIDを活用した液体窒素での細胞凍結保存

液体窒素での細胞保存の運用と問題点

再生医療における細胞の凍結保存では低温環境で保存することで、

雑菌の混入と細胞の変化を最小限に抑えております。

液体窒素などの超低温下で保存する用途は再生医療等の拡大と共に広がっており

個体認識の作業が煩雑になっております。

2次元コードで管理している場合、霜や汚れによって読み取り不可になってしまったり

一つ一つの読み取り作業を行う事による業務負担が発生しています。

中でも対象物の取り違えはあってはならない為厳密な管理が要求されます。

 

RFIDを活用した凍結保存

液体窒素内に保管される凍結保存容器にICタグ(RFID)を取り付けておくことで

一括読み取りによる棚卸作業の効率化、個体認識の自動化をすることで

取違えの防止と細胞の履歴管理の自動化が可能です。

当社では小型のパッケージタグとラベルタグの2種類のタグを開発しております。

現場の業務改善を検討されている会社様がいらっしゃいましたら、是非Uni Tagへご相談ください

CONTACT お問い合わせ