USE SCENERFID利用シーン

【製造業向け】埋込可能なパッケージタグ

【製造業向け】埋込可能なパッケージタグ

埋込用ICタグによるトレーサビリティ

 

製品のトレーサビリティが重要視されており不具合品の発生や修理を行う際に

どのLOTのどの原材料を使用した製品なのかを完成品のシリアルNoから追跡する必要性が出てきております。

 

QRコードやバーコードではコピーされてしまうと模造品の作成が出来てしまう為

ICチップ一つ一つに唯一無二のIDが記録されているRFIDタグが注目されています。

 

世の中には様々な模造品対策がありますが、以下の様なお悩みを弊社のICタグで解決します。

・管理用ラベルを貼り付けたいが貼り付けるスペースが無い

・出荷して手元を離れてしまうとその後のサプライチェーンで管理が出来ない

・偽物が出回っており対策を行いたい

 

上記の様なお悩みをお抱えのお客様に当社の超小型パッケージタグをご紹介致します。

■特徴

・小型且つ高耐久性

・高耐熱性を持ち、超低温下でも使用可能

・補助アンテナを設置する事で通信距離を大幅UP

 

使用例

 

樹脂を使用して成形品を製造する場合、プレス成型や射出成型では

100℃以上の熱と圧力がかかりラベル形状のICタグでは成型時に破損してしまいます。

超小型パッケージタグであれば成型時の圧力、温度に耐久しリフロー工程も通すことが可能です。

ラベルタイプのICタグでは持ちえない耐久性がある事によってケースに埋め込んだりパーツに組み込む事が出来ます。

また、基板上に補助アンテナを描画し、実装する事で基板自体をICタグ化する事も出来ます。

■活用事例

・生体試料の管理

・ウェアラブル機器への活用

・FA用トレイへの活用

・レンタル部材への活用

FAや製品出荷後のトレーサビリティにお困りの方は是非お問い合わせください。

 

CONTACT お問い合わせ