USE SCENERFID利用シーン

【建設業】屋外でのRFID資材管理

製造業における物品管理

 

工場や倉庫には管理が必要な資材や資産が多数あります。金型やカゴ車などの固定資産、製造設備やメンテナンス用の設備部品なども管理の対象であり、これらのモノの管理が十分なされていないと生産性の低下や思わぬ不具合に見舞われます。

建築関係の企業では物品のサイズが大きく屋外の広大な敷地に在庫品を保管するケースが多く、入出庫の管理や製品の探索、棚卸業務で非常に工数がかかっています。

また、在庫点数が多数ある事から工程毎にどれくらいの在庫があるかを把握する事が困難です。

RFIDを活用した屋外での資材管理

 

屋外でRFIDを使用して資材管理を行う場合、下記の課題があります。

1.雨風、紫外線などへの耐候性

2.ICタグが資材とぶつかった際に簡単に壊れない耐久性

3.管理物品の所在管理

 

屋外で使用する場合、プラスチックで成型されたタグを使用する事が一般的ですがUni Tagでは柔らかく、耐久性、耐候性がありコスト面でも優れたウエルド加工品を提供しております。

ICタグを樹脂でカバーしている為雨水の侵入を防ぎ、柔軟性がある為資材とICタグがぶつかった場合でも衝撃を吸収し破損を回避します。

カバー材のサイズも容易に変更ができ、UHF帯だけでなくNFCタグを封止して製品情報も登録頂けます。

ICタグを読み取った地点をスマートフォンのGPSと紐づける、又は位置情報を記録した「場所タグ」を読み込む事で物品をサーバー側に登録する事も可能です。

屋外でのタグの選定にお困りでしたらUni Tagにお任せください。

CONTACT お問い合わせ